女性部会

最近の活動

芸能フェスティバルで税金クイズ

 豊橋、豊川、蒲郡、田原各市教育委員会と東三河法人会が共催する小中学生による芸能フェスティバルが8月22日(水)、穂の国とよはし芸術劇場プラットで開催されました。今回のフェスティバルには4市から15校2団体合わせて418名が出演しました。フェスティバル初回より運営に協力する東三河法人会女性部会(白井佳子部会長)では、部会の活性化を図ろうと今回初めてステージでの税金クイズを実施しました。


 クイズに先立ち女性部会員に青年部会員も加わって会オリジナル曲“税金に感謝!”(作詞:東三河法人会、作曲・歌:朝陰麻理子)を手話付きダンスで披露。これに法人会キャラクター“けんたくん”も加わると、場内から歓声と手拍子が沸き起こり場内は大盛り上がりとなりました。


写真 上 “税金に感謝!”を踊る部会員の皆さん
写真 下 左より 司会の中学生と“けんたくん”
         クイズに答える場内の観客の皆さん




女性部会 健康講話

日時 平成30年7月17日(火)
場所 成田記念病院
演題 「切らずになおす がん治療
    ~陽子線とは何か~」
講師 成田記念陽子線センター院長
    栁 剛(やなぎ たけし)氏




女性部会総会開催

挨拶する白井佳子部会長

 連休明けの5月7日(月)、ホテルアソシアを会場に山田邦夫豊橋税務署長はじめ多くの来賓を迎えて女性部会(白井佳子部会長)の第32回通常総会が開催されました。議事にあたり白井部会長は、今年度本会が本発表を迎える運営研究セミナー(12月名古屋市内開催予定)への参加についてふれるなかで、女性部会の活動に対する期待が大きいことなどを紹介して、部会員の一層の協力を呼びかけました。議事では、部会員の増強と後継者の育成を第一重点とする事業計画などが全会一致で承認されました。





女性部会総会講演会
「元気を創る声の魔法」
講師 まきえいこ氏(ゴスペルシンガー)

 毎回趣向を凝らした講演内容で評判の高い女性部会の講演会ですが、今回はこれまでとはひと味違った参加型講演会となって大きな感動が会場を包みました。講師のまきえいこ氏は、本場ニューヨークでの留学経験をもつ現役シンガー兼ディレクター(指揮者)。その美しい歌声は、聴く人の心を揺さぶります。そんなまき氏に加え、豊橋を中心に活動するゴスペルグループMの皆さん8名が大挙して実技指導にあたって会場は大いに盛り上がりました。
 講演では、はじめに呼吸や発声のしくみについて解説して、歌うことの生理的作用がホルモン分泌に影響して健康(元気)を創るとしました。続いて、会場の参加者といっしょに「ふるさと」を合唱して雰囲気を盛り上げた後、身振り、手ぶりを交えたゴスペルソングへと参加者を導き、最後は、映画「天使にラブソングを2」で歌られた「Oh Happy Day」を合唱して、講演を締めくくりました。

まき えいこ氏

まき えいこ子とゴスペルMの皆さん



動画:ゴスペルソングを唄う!         







女性部会工場見学会

 平成30年3月13日(火)に会員交流として、中日本㈱豊橋工場を見学し「たまごパック詰め」の体験をいたしました。

 


女性部会 新春署長講演会

日時 平成30年1月15日(月)
場所 ホテルシーパレスリゾート
演題 「あまり馴染みのない間接諸税」
講師 豊橋税務署長 山田 邦夫氏

リース作り

 平成29年12月8日(木)に女性部会員の小出光子さんが講師を務め、豊橋商工会議所にてクリスマス用・お正月飾りのリース作りを体験いたしました



女性部会創立30周年記念講演会  平成29年11月17日(金) ホテルアソシア豊橋
「元気になるために自分にかける魔法」
  講師 キャスターレポーター 東海林のり子氏

 事件レポーターとしてお茶の間に話題を提供する、御年80歳を超えた現役放送人として活躍を続ける東海林氏は、仕事は一度断れば後は無い、また自分の代わりはいない(出来ない)という放送業界の特殊性を挙げて、60年間にわたって出産以外に仕事を休んだことがないことを紹介しがら自らの健康法についてさまざまに語りました。
 ある時は、39度の高熱を押して現場に急行して仕事をして帰宅すると36度の平熱に戻っていたこと、また、ある時は、いつも子供の世話をしてくれるパートさんが急病で都合がつかなくなったとき、思いもかけないところから応援者が現れたこと、雪山の取材でロープウエイが運休していることが判明しても、諦めずに痛む足を引きずりながらも徒歩で現場に辿り着き仕事を無事終えたことなどを紹介して、「人生に絶対絶命はない」との信条を熱く語りました。思い続けることは実現する、ダメだを思ったら実現しない、何んとかなる、すべては自分自身の責任だと思いきることが大切だと力説しました。
 続いて、仕事や人間関係のストレスに対しては、楽しいこと、わくわくするようなことをノートに書いて目から確認することで自然治癒力を高めることができると語りました。楽天的、前向きな暗示が健康維持に効果があると言います。嫌いを好きに、行きたくないを行きたいに頭の中で置き換えだけで生きるエネルギーが増し、それを反復すれば人生の喜びがより大きなものなるとしました。
 講演中は、終始笑顔を絶やさず、弁舌爽やかにして分かりやすい東海林氏の語りかけに、場内のあちこちにはゆっくり頷く参加者の姿がありました。

人生に「絶対絶命はない」と自説を紹介する東海林氏

笑いの絶えない楽しい雰囲気に包まれた講演会会場



青年・女性部会合同研修会

平成29年9月22日(金)に青年部会・女性部会合同の研修会が豊橋商工会議所にて行われました。


演題「国税の仕事あれこれ」
   ~国税の職場の扉をノックしてみてください~
講師 豊橋税務署法人課税第一部門統括官
   竹内 寛和氏




女性部会の社会貢献活動

税に関する絵はがきコンクール

女性部会が管内の小学校6年生を対象に「税の大切さ」や「税の果たす役割」について学んでもらうために「税に関する絵はがきコンクール」を行っています。

第4回税に関する絵はがきコンクール入選作品

詳しくはこちらをご覧下さい。

税の作品展

第1回絵はがきコンクール応募作品の作品展を、ラグーナテンボス(蒲郡)、豊橋市子ども未来館(豊橋)、豊川市「プリオ」(豊川)、蒲郡市役所(蒲郡)、田原文化会館(田原)で開催しました。