東三河法人会とは

 当法人会は、昭和60年11月豊橋税務署管内の法人が集まって創立し、昭和62年に名古屋国税局から社団法人の認可を受け、税のオピニオンリーダーとして企業の発展を支援し、地域の振興に寄与し国と社会の繁栄に貢献する経営者の団体です。また、平成25年4月1日付で社団法人から一般社団法人に移行しました。
 会員数は平成28年6月末現在5,675社で加入率は管内の法人数の43.5%を占めています。
東三河法人会は、全国組織の全法連のもとに全国441法人会のひとつとして活動しています。

会員数

会員企業5,675 社
会員数グラフ

法人会 会員のメリット

  • ○正しい税知識や税制改正などの新情報を得ることができます。
  • ○さまざまな業種の経営者との交流は新鮮な経営ノウハウの吸収ができ、新しい仕事のつながりも生まれます。
  • ○税務署担当官や税理士による税務研修会を受講することができます。
  • ○企業防衛に役立つ「経営者大型総合保険制度」などの福利厚生制度がご利用できます。
  • ○法人会の地域社会貢献活動により健全な社会の維持・発展に貢献することができます。
  • ○インターネットから政治・経済セミナーを無料でご覧いただく事ができます。