支部活動

最近の活動

豊橋支部役員会講演会 平成30年9月12日(水) 豊橋商工会議所

演題 税務行政の現状
講師 豊橋税務署筆頭副署長 相澤 秀志氏

演題 軽減税率の適用について
講師 豊橋税務署法人課税第一部門統括官
   辻井 辰也氏

 講演会では、まず初めに相澤秀志豊橋税務署筆頭副署長が登壇して「税務行政の現状」と題して、税務行政の将来像について紹介が行われました。
 次に、査察調査について概要が説明され、実際の調査について具体例を挙げながら査察官の仕事ぶりが紹介されました。査察は「調べていることが相手に知られないこと」が何より重要だとして、取引先や金融機関などにも調査が入るといいます。一つの脱税調査に100名の査察官が投入されることもあるとし、嫌疑者の税に関する意識の低さに唖然とすることもしばしばだと語りました。仮に1億円の所得をごまかすと、罰金も含めて1億円以上払うことになるといいます。
 脱税を摘発されると、法律的・経済的・社会的に重い代償を払うことになるので、「まじめに申告するのが一番」と締めくくりました。

 続いて、辻井辰也法人課税第一部門統括官からは、来年10月1日施行予定の消費税の軽減税率制度について具体例をもとに解説が行われました。この軽減税率制度については、対象となる品目が分かりにくいという参加者の認識を踏まえ、豊橋の水道水を例に説明が行われました。水道水は、飲用としても使われますが「水道水の使用料」は軽減税率の対象にはならない、つまり消費税率は10%となること、ただし、これをペットボトルに詰めて販売する場合(実際、豊橋の水道水は「とよっすい」として販売されています)は、軽減税率の対象品目となって消費税率は8%になると説明がありました。食料品の軽減税率の対象品目については、酒類を除いて「人の飲用または食用に供されるもの」との判断が基本になること、テイクアウト、宅配も軽減税率の対象となることなど、いよいよ迫った消費税軽減税率制度の導入に向けて準備を進めてくださいと語り、講演を締めくくりました。




豊橋支部 平成30年度 第1回決算期別説明会 平成30年8月8日(水)

豊橋商工会議所 4階 401号室
講師 豊橋税務署法人課税第一部門上席国税調査官
   末永 憲秀氏



豊橋支部
(一社)東三河法人会・東三河間税会合同開催研修会 平成30年6月28日(木) 豊橋商工会議所

第1部 平成30年度税制改正研修会
講師 豊橋税務署法人課税部門審理専門官
   佐久間 正光氏

第2部 消費税軽減税率制度の導入について
講師 豊橋税務署法人課税第一部門統括官
   竹内 寛和氏



豊橋支部総会 平成30年4月24日(火) 豊橋商工会議所
豊橋支部 通常総会を開催

髙須博久支部長



 4月24日(火)、豊橋商工会議所において豊橋税務署石川純副署長、竹内寛和法人課税第一部門統括官はじめ多数の来賓を迎えて豊橋支部の通常総会が開催されました。議事に先立ち挨拶に立った髙須博久豊橋支部長は、「めまぐるしく社会環境が変化していく現在、法人会もそうした変化に合わせて新しい準備も必要になる。」として、新しい体制に向けた取り組みの必要性を訴えました。議事では、小田切昇専務理事から満席の盛況となった市民講演会などを始めとする昨年度の事業報告と支部の事務負担費の本部移行などを含む今年度の事業計画が提案されました。両案とも慎重審議のうえ可決承認されました。



豊橋支部総会講演会 平成30年4月24日(火) 豊橋商工会議所
「現代の南極観測隊は何を食べ、どのように生活しているの?」~閉鎖空間の食事は脳に食わす~
  講師 篠原 洋一氏(南極越冬料理人)

 オーロラが見たくて南極越冬隊の料理人となったという講師の篠原氏、そのロマン溢れた体験談は集まった参加者の好奇心を沸き立たせ、90分間がぐっと短く感じられた講演会となりました。
 まず、篠原氏は越冬隊では観測を専門とする科学者に加え、機械設備の保守管理を担当する技術者、そして生活のかなめである料理を専門とする料理人など裏方の存在が大きいことを説明して、普段あまり耳にすることの少ない生活者としての視点から南極生活の実情を紹介しました。なかでも、安全対策、水の管理、ごみ処理などの環境保全など南極ならではの生活ぶりが語られました。
 また、最近では通信環境が改善されリアルタイムで日本からの情報が飛び込んでくることなどにも触れ、会場の参加者を驚かせました。こうした南極での生活を紹介するなかで、篠原氏が最も大切だと強調したことは心のバランスを保つことだと言います。閉鎖的な生活空間は、うつ病の危険が常に付きまとうとされることから、いかにして変化を取り入れ、自分の心に小さな感動を与え続けるかが、料理の面でも重要となるとされます。
 そうしたことから篠原氏は、健康の面からも普段の料理はあくまで質素でシンプル、しかし、誕生日や祝いの日は皆があっと驚く豪華料理を工夫して作ることに努めたと言います。また、日本の季節感を忘れず、お正月のおせちは勿論、ひなまつりのあられ、雪上の流しそうめんなど趣向をこらした料理で思い出として心に刻んでもらいたいと願ったそうです。小さな感動で心の扉を閉めさせないことだとも言います。表題の「食事は脳に食わす」には、そういった意味合いが込められているとして講演を締めくくりました。

南極での体験談を語る篠原洋一氏

豊橋支部総会講演会





豊橋支部 平成29年度 第3回決算期別説明会 平成30年2月22日(木)

会場 豊橋商工会議所
講師 豊橋税務署法人課税第一部門上席国税調査官
   水野 岳人氏



豊橋支部第14回市民講演会 平成29年11月19日(日) 豊橋市公会堂
「夢と絆」
  講師 新潟産業大学経済学部准教授 蓮池薫氏




 北朝鮮の核・ミサイル開発と並び、長く国民の関心事として話題となる北朝鮮の拉致問題の被害者としてその言動が注目される講師の来豊とあって一般市民の人々のみならず地元マスコミも注目する講演会となり、会場は講演開始30分前には満席となる盛況ぶりでした。
 講演に先立ち、高須博久豊橋支部長より法人会について紹介が行われ、法人会の果たす役割やこれまでの活動の経緯などについての説明がありました。
 講演では、被害者の当事者としてでしか語ることのできない拉致当日の状況や北朝鮮の招待所といわれる隔離施設での24年間の監視下生活について生々しい証言が次々と披露されました。そうした絶望的な状況下であっても、いつかは帰国を果たすのだという強い気持ちを失わうことなく最後の一線として自分を支えたのが夢と絆であったと言います。夢とは、今は北朝鮮の監視下生活であったも、いつかは自分の努力で未来を決定できるようになると信じること、子を持つ親として子ども将来は親と子で決めることがきっとできるようになると思い込むこと、それが夢だといいます。絆は、今、自分はここにいると訴え続ける相手を強く意識したこと、それは両親であり兄弟であったといいますが、そうした目に見えない繋がりを強く感じること、それは絆だと語りました。
 最後に、拉致問題を含め今後の北朝鮮問題の解決には、冷静な状況判断のもと僅かであっても変化のタイミングを把握したら日本政府の果敢な行動が必要だと訴えました。その理由として、北朝鮮が求めるのは見返り、つまり日朝正常化の次に来る経済的援助(賠償)だと断言し、本筋を見失うことなく北朝鮮の出方を分析して交渉の場を設けることだと言います。拉致被害者の家族にとってもう時間はほとんど無くなってきているという現実のなかで、政治家のリーダーシップに期待したいとして講演を締めくくりました。重くて難しい講演内容でしたが、参加者の胸の奥にしっかり届いた講演会となりました。







豊川支部 経済経営講演会 平成30年3月13日(火) 豊川商工会議所

演題 “競争しない”競争戦略
    ~高付加価値にこだわる経営~
講師 東海バネ工業株式会社 代表取締役 渡辺 良機氏

豊川支部 市民講演会 平成30年2月24日(土)

 豊川市文化会館においてコリア・レポート編集長の辺 真一氏をお招きし「これからどうなる朝鮮問題!」と題し講演会を開催しました。多くのご来場ありがとうございました。

豊川支部 平成30年2月13日(火) 豊川商工会議所

演題 「考え・作り・売る!世界最速工場への挑戦」
講師 沢根スプリング株式会社 代表取締役 沢根 孝佳氏




蒲郡支部 決算期別説明会 平成30年6月21日(木)





田原支部 医療・健康セミナー 平成30年7月11日(水) 田原市商工会館

(一社)東三河法人会田原支部・AIG損害保険㈱共催セミナー 演題 「健康経営からみる 生活習慣病のリスクと対応」 講師 ティーベック㈱特別認定講師 平山 貴之氏


田原支部 市民講演会 平成30年2月25日(日)

田原文化会館文化ホールにおいてタレント・スポーツキャスターの益子 直美氏をお招きし「チャレンジ精神が私を変えた」と題し講演会を開催しました。多くのご来場ありがとうございました。





各支部総会

豊橋支部総会

平成30年4月24日(火) 豊橋商工会議所

豊川支部総会

平成30年4月20日(金) 豊川商工会議所

蒲郡支部総会

平成30年5月11日(金) 蒲郡商工会議所

田原支部総会

平成30年4月19日(木) 田原中部市民館 

渥美支部総会

平成30年4月27日(金) 伊良湖ビューホテル

各支部の所在地

豊橋支部〒440-0075
愛知県豊橋市花田町字石塚42-1
TEL 0532-55-1735
FAX 0532-55-6725
豊川支部〒442-8540
愛知県豊川市豊川町辺通4-4
TEL 0533-86-4101
FAX 0533-84-1808
蒲郡支部〒443-8505
愛知県蒲郡市港町18-23
TEL 0533-68-7171
FAX 0533-68-0339
田原支部〒441-3421
愛知県田原市田原町倉田10-2
TEL 0531-22-6666
FAX 0531-23-0419
渥美支部〒441-3613
愛知県田原市古田町宮ノ前32番地6
TEL 0531-33-0441
FAX 0531-34-3121